METI Government of JAPAN JAPAN JOB FAIR

JAPAN JOB FAIR

JAPAN JOB FAIRについて

JAPAN JOB FAIRとは?

  • 本事業では、海外の現地大学生等の採用に関心がある日本企業を対象に、オンラインによる企業説明会&海外大学との交流会を開催する事で、海外での採用活動やコネクション形成の機会を提供します。
  • 高度外国人材の採用・活躍を通して、日本企業にイノベーションや新商品・サービス開発、事業の海外展開等を実現いただくことを目的としております。


実施概要

  • マレーシア​

    Sat.7th-Sun.8th, November 2020
    2020年11月7日(土)-8日(日)​
    10:00~18:30​
    ※この時間内で、各企業1時間程度の
    オンライン企業説明会を実施します​
    詳細スケジュールはこちらから

  • インドネシア​

    Sat.21th-Sun.22th, November 2020
    2020年11月21日(土)-22日(日)​
    10:00~16:30​
    ※この時間内で、各企業1時間程度の
    オンライン企業説明会を実施します​
    詳細スケジュールはこちらから

  • インド

    Sat.12th-Sun.13th, December 2020
    2020年12月12日(土)-13日(日)​
    10:00~15:30​
    ※この時間内で、各企業1時間程度の
    オンライン企業説明会を実施します​
    詳細スケジュールはこちらから



出展企業のメリット

❶ オンライン選考、海外から直接高度外国人材を採用できる

日本にいながら海外の優秀な学生を直接採用できます。
オンラインや外国人採用が初めての企業でも安心してご参加いただけるよう、ジョブフェア事務局より、オンラインでの採用活動方法、外国人採用・活用方法に関するアドバイスの実施他、個別相談も承ります。

❷ 出展料・システム使用料が無料

企業が単独で出展する場合に比べて、採用活動にかかる一連の費用を抑えることができます。
経済産業省が費用負担するため、出展費のみならず、オンライン企業説明会システム、および、ジョブフェア専用応募者管理システムが無料で使用できます。
(※システム通信費は各自ご負担ください)

❸ 海外現地大学とのコネクション形成が可能

出展各企業と海外現地大学との「オンライン交流会」を実施します。
各国現地大学とオンラインで中継を結び、理工系・日本語専攻大学等のキャリアセンター職員や学生との交流機会を提供します。また、オンラインではなく、海外現地で直接に交流を図りたい企業には、現地でのアテンド等サポートいたします。
(※海外渡航費は各自ご負担ください。)

❹ 海外渡航の際の面接スペースが利用可能

海外現地の面接スペースが利用できます。
最終選考等、海外現地にて参加者との面会を希望する企業様にご提供いたします。
(※事前予約制 ※海外渡航費は各自ご負担ください。)


企業出展 スケジュール

  • ※1 出展申込みの順番は選定結果には影響しません。上記、申込期間内に申込み下さい。
  • ※2 1次募集の状況により、選定企業数は変動いたします。
  • ※3 各国現地大学等とオンラインで実施いたします。なお、今後の情勢次第で、海外現地で直接の交流を希望する企業には、現地でのサポートも可能です。​
  • ※4 今後の情勢次第で、海外現地に渡航して面接を希望される企業には、海外現地での面接スペースを提供します。

(上記※3・4の海外渡航費は自己負担となります。)



採用企業からのメッセージ 
(株式会社ケーエムエフ/岩手県 製造業)

当日のブースは入りきらず、立ち見までできるほど盛況であった。
単独ではここまでできない。

我々中小企業にとっては外国人採用は何から始めればいいのか分からなかった。ただこのジョブフェアに参加してみれば、数多くの海外人材が集まるため、非常にありがたかった。出会った彼らをどう教育して、どう彼らの才能を伸ばしていくか、彼らの可能性を考えると非常に楽しみ。(企業担当者)

探していた企業が見つけられた。日本政府主催で安心できる。

ジョブフェアは会社のロゴや日本の企業の情報もよく記載されているなど、非常に情報がわかりやすかった。東京オリンピック、台湾新幹線、都庁など、興味ある分野に自分も携われると聞きとても驚きと喜びがあった。またインドネシアで行ったオリエンテーションに日本の社長が来てくれたことに感動した。日本の高い技術を身に着けインドネシアの発展に貢献したい。(インドネシア採用者男性)

事務局からの情報が豊富で、よく組織されていたジョブフェア。

子供の頃から日本文化に強い興味のあった私にとって、ジョブフェア参加は大きなチャンスだった。日本語はなかなか上達しないけれど、インドネシアでのオリエンテーションやはじめての渡航の準備、心のケアもしてくれた企業に感謝している。お互い助け合う家庭的な環境で、より良い仕事をしていきたい。(インドネシア採用女性)


出展企業 募集要項

出展企業の要件

  1. 本事業の趣旨に賛同し、イノベーションや新製品・サービス開発、事業の海外展開等の戦力として、現地大学生等(※1)の高度外国人材(※2)の採用を希望する企業(技能実習や特定技能等は対象外)。​
  2. 海外の現地大学生等の採用に関心があるものの、自社、或いは自社グループ会社のネットワークを用いて、海外とのコネクションを構築することが困難な企業であること。
  3. 日本国内に主な事業所を有する民間企業等であること。
  4. 通信費等の一定の費用負担の上、オンラインシステムを通じて、出展企業ガイダンス、ジョブフェア、現地大学等との交流会への参加が可能であること。
  5. 企業・採用情報を日本語と英語で事務局に提供でき、海外からの外国人材の選考や入社手続きに対応可能な担当者がいること。
  6. 公的資⾦によるジョブフェアであるため、成果把握のために行うアンケートやヒアリングへの協力、また成果事例としてホームページ等で公開されることが可能であること。
  7. 企業出展のご案内」および「 出展規約」の内容、条件に同意していること。

※1 現地大学生等・・・現地大学生、現地短期大学生等の高等教育機関の学生及び当該教育機関既卒生をいう。
※2 高度外国人材・・・在留資格「高度専門職」といわゆる「専門的・技術的分野の在留資格」に該当するもののうち、原則、「研究」、「技術・人文知識・国際業務」、「経営・管理」、「法律・会計業務」に該当するものをいう。​

申込受付期間
一次募集:2020年7月2日(木)~7月31日(金)
二次募集:2020年8月3日(月)~8月20日(木)

選定の方法
ご提出いただいた「企業出展申込み内容」をもとに、事務局による厳正な審査を行い、経済産業省と協議を行った上で出展企業の選定を行います。なお結果の詳細は回答できかねますので、予めご了承願います。

<審査の項目>

  1. 出展企業の要件1.~7. を満たしているか
  2. 企業規模(※3)
  3. 高度外国人材の日本での採用(※3)
  4. 高度外国人材の採用目的、登用方針(イノベーションや新製品・サービス開発、事業の海外展開等)​

※3 採択は日本での雇用を考えている中堅・中小企業を優先とします。​​

企業出展申込みフォーム

出展を希望される企業は、企業出展申込みフォームからお申込みください。



FAQ(よくあるご質問)

この事業について教えて下さい
当事業は経済産業省が主催する海外ジョブフェア事業です。当事業では下記の4つのサービスを提供します。①出展企業向け事前ガイダンス ②オンライン企業説明会 ③現地大学との交流会 ④希望者への現地最終面接サポート(情勢次第)。
詳細についてはこちらの資料をご覧ください。

オンラインでのジョブフェアとはどういったものですか?
専用のシステムを通じて、各国のイベント開催日に各社1時間程度、オンライン形式で企業説明会を実施するものです。

※本事業はイベント開催当日のオンライン企業説明会の場を提供することが目的であり、当事業専用の応募者管理システムで得た参加者個人情報を基に独自で行う選考活動(書類選考・面接など)は、各社の裁量にてお願いします。

当日は日本語での説明でも問題ありませんか?
日本語レベルはN3以下が大半を占めますので、英語、もしくは現地語での説明をお勧めします。​

現地大学との交流会とは何ですか?
当事業は、企業が独自で海外での採用活動が可能となるよう、各国現地大学(理工系・日本語専攻大学等)のキャリアセンター職員や学生との交流機会を提供します。 
※各国現地大学とオンラインで中継を結び実施しますが、海外現地で直接に交流を図りたい企業には、今後の情勢次第で、現地にてサポートいたします。(渡航費は企業負担となります。)​

企業募集説明会や事前ガイダンス、交流会など、すべてに出席が必要ですか?
企業募集説明会は詳しい事業内容をご理解の上、出展を検討いただくための機会であり、応募を決めている企業の方は参加不要です。
事前ガイダンス・交流会への参加は、出展の条件となります。​

外国人採用が初めてですが、どの様に採用活動を進めればいいですか?
出展企業には事前ガイダンスにて、「高度外国人採用・活躍に関するアドバイス(求人票作成・面接手法等)」を実施いたします。初めて採用を検討される企業の方も安心してご応募下さい。​

参加者の傾向について教えて下さい。
開催国3カ国(マレーシア・インドネシア・インド)在住者を中心に、日本語専攻者もしくは理系専攻者に対し、募集活動を行います。年代層は、新卒~第2新卒の20代前半から半ばの若年層が多い傾向にあります。​

参加者の語学レベルについて教えて下さい。
英語でのコミュニケーションは可能でも、日本語レベルはN3以下の方が大半となります。ただ、昨年度参加企業からは「日本語習得に意欲的な参加者も多く、入社後の向上に期待出来るため、ジョブフェア参加時の語学レベルには固執しない方が良かった」との声もありました。​

昨年度の参加者実績を教えて下さい。
総計4,000名を超える海外現地大学生等からWEB登録がありました。
(平成31年度海外ジョブフェア事業/インドネシア・ベトナム・インド統計結果より)​

参加対象は日本での就職希望者のみですか?
日本での就職希望者が多くを占めますが、海外現地日系企業での就職希望者も含まれます。​